売却の目的に合わせて専門性の高い業者選びを

売却の際の優先度に合わせて専門性の高い業者選びを

一棟マンションを売却したいと考えたとき、売却の際の優先度に合わせてそれに見合った業者を選ぶことをおすすめします。ひと口に「マンション売却」といっても不動産業者や買取業者・仲介業者によってはそれぞれ特色が異なるもの。一般的な分譲マンションを一室売却するのと一棟マンションとでは、売却方法や評価基準も異なりますし、相続といえば、手続きも煩雑になりがちです。納得の価格で売却をスムーズにすすめるためにも、専門業者を選んで依頼しましょう。

相続に強い一棟マンション
仲介業者3選

初めての相続手続き
価格交渉も任せられる

SGSインベストメント

SGSインベストメント

全国各地のマンション売却を専門にするSGSインベストメント。年間500戸以上の仲介実績で、マンション売却において信頼の厚い会社です。また売主側の立場に立った丁寧なサポートが魅力で、口コミでも高評価を獲得。スピーディかつ予想以上の高額売却ができると人気の不動産会社です。

所在地

東京都新宿区北新宿1-2-12 貴松ビル3F

営業時間

10:00~19:00

とにかく早く
最短2日で現金化

サンライズ

サンライズ

スピーディな買取を行うサンライズ。最短2日で現金化できるスピード買取と大型物件でも現金買取できることが特徴です。また、不動産の売買のみならず、不動産総合サービスとしてリノベーション事業など幅広く事業を展開し、物件への新たな付加価値をつけたり、運用の効率化を行っています。

所在地

東京都渋谷区渋谷2-12-11 渋谷KKビル3F

営業時間

09:30~20:00

じっくり価格交渉
大手の安心感なら

東急リバブル

東急リバブル

投資家の求める要望に合わせたサービスプランで、マンション投資から売却後の対応までをフルサポート。東急リバブルは、初めて一棟マンション売却を行う方でも安心して任せられる信頼の厚い仲介業者です。

所在地

東京都渋谷区道玄坂1-9-5(本社)

営業時間

10:00~18:00

一棟マンション売却は専門性の高さが評価される

一棟仲介に対し専門性が高いため多数の専門顧客を持っているSGSインベストメントは、一棟マンション売却をしたい方にとって特におすすめ。早い売却だけでなく、売主側の立場で高値売却できるように専門的な交渉を行なってくれます。連絡するとすぐに訪問してくれるフットワークの軽さも◎。売主側の強い味方になってくれるでしょう。

早く現金化したい・高く売りたいときは別の視点で

どうしても早く売却したい場合や現金化したい場合におすすめなのは買取業者です。価格は安く抑えられるものの、スピーディーに契約・買取までを行ない短時間で完結してくれます。なかでもサンライズは最短2日で買取までを完了できるため、すぐに現金を手にしたいときにおすすめの業者。大手不動産会社はあらゆる事業を展開しマルチに対応できるため、区分や土地家屋にも対応可能なのは魅力。時間が掛かっても交渉して高く売りたい方や、一棟マンション以外も相続不動産を所持している場合には全国大手の東急リバブルに相談してみると良いでしょう。

一棟マンション売却を
請け負ってる仲介業者一覧

一棟マンション売却のための仲介業者を選ぶとき、どのようなポイントを見て選べばよいかを紹介しています。おすすめ業者もピックアップしているので、不動産会社選びに迷ったらココをチェックです!

一棟マンション売却に対する専門性の高さが好評

SGSインベストメントは全国各地の収益物件を専門にする不動産会社。予想以上の高額売却ができると人気で、年間500戸以上の投資物件を扱っています。専門的な知識と経験を豊富に有しているため、マンション売却のことなら相続に関することまで一手に任せられると好評価。売主側の立場にたった迅速な対応力も投資家から多くの支持を得ています。

利回りの安定した物件を探しやすい

ワンルームをメインに幅広いマンションの投資物件を扱うランドネット。200~800万円台で利回りの安定した物件を求める投資家に人気があります。リフォームや賃貸管理に関することまで相談できるのが魅力。投資不動産に注力してきたからこそ出せる露出力で、不動産ポータルサイトでは物件掲載数ダントツの1位と実力アリの会社です。

市場データを緻密に計算して売却をサポート

不動産投資は経営だと考えるフリーダムインベストメンツ。投資物件において常に戦略的なプランを提案してくれます。出張セミナーも好評で常に参加者で会場は満員。経験豊富なスタッフが市場のデータをもとに売却のタイミングについてサポート。不動産投資に関することならどんな小さなことでもこたえてくれる真摯な姿勢が評判です。

個人投資向けセミナーがリピーターにも人気

毎月5、6回のペースで開催されるセミナーが人気のパシフィックアセットマネジメント。個人向け一棟収益不動産を専門にしており、リピーターが多く、顧客の9割がサラリーマンをしながら不動産投資をしている方なのが特徴です。不動産売却に関する不安や疑問を親身になって解決。実績豊富で外国人投資家からも評価や関心が集まっています。

とにかく早く売却したい方におすすめ

最短2日で現金化できるスピード買取と、大型物件の現金買取が評判のサンライズ。スピーディーな対応をしてくれると人気で、不動産の売買のみならず、建築設計や施工、リノベーション事業、ビルメンテナンスなど幅広く展開しています。一棟ビルや収益物件に関する事業は販売だけでなく買取や流動化サービスも行なっている会社です。

東京都心の取り扱い物件に定評あり

都心の物件に特化し、東京都心の物件専門店をうたう南青山リアルエステート。一顧客一担当制で信頼関係を築き、多数のリピーターを持つ不動産会社です。英語や中国語のできるスタッフも在籍し、海外顧客へのアプローチも十分。弁護士事務所や税理士事務所と提携しているため、法律面で不安がある方でも気兼ねなく相談できます。

早く売却したい方に合わせてスピード対応

収益物件を専門に取り扱う富士企画。全国に約2000人もの投資家を抱えているので、地元のネットワークを活かしてインターネットに載せることなく売却が可能です。単に売却するだけではなく、どの売却方法が売主にとって的確か検討。最善の方法を導き出して提案してくれます。無料物件査定も好評で、早く売りたい方にはスピード重視で契約まで進めてくれます。

地域のニーズをサイトで事前にチェックできる

投資家の要望に合わせたサービスプランで、名古屋を中心に展開する東急リバブル。契約前の調査から売却後までフルサポートしてくれます。周辺の売り出し相場や購入希望者数など、地域のおおよそのニーズがホームページから検索できると好評。無料相談をいつでも受け付けており、初めて投資を行なう方にも親身になって契約まで進めてくれると人気です。

大手ならではの安心サポートが魅力

野村不動産アーバンネットが運営するノムコム。スピーディーな売却査定と、大手ならではの安心のサポートが特徴的です。スピード売却査定は約1分と早いのも魅力。買い手が付かない場合でも買換保証サービスがあるので安心して任せられます。一括見積もりもあるので、周辺物件の相場を割り出して、的確な値付けを知ることができます。

幅広いネットワークと業績を生かしたアドバイス

首都圏や関西を中心に19都道府県で260店舗の直営営業所と、業界でも店舗数の多いのが特徴です。広いネットワークを活かした実績は業界トップクラス。相談から各種手続き、売却まで安心のフォロー体制が整っています。売り手側が担当者を選べるシステムは、売却相談をしやすいと投資家に好評で多くのリピーターを獲得しています。

一棟マンションの売却価格について気になる方はここを読めば大丈夫!ふつうのマンションを売却するときと何が違うの?評価基準ってどうやって決まるの?一棟マンションを売却する際に知っておきたい基礎知識を紹介しています。

一棟マンションの
評価基準

マンション売却における適正価格の付け方を調査しました。査定評価に関する知識もまとめています。利回りが低いのに高額で売れる理由とは?賢いマンション売却の方法を知りましょう。

一棟マンションを高く売却する
ポイント

中古マンションを売るためのコツ大全集。「売買契約を結ぶ際は専属契約?一般契約?」「入居前に売る?それとも退去後?」「メンテナンスやセキュリティは?」疑問全てにお答えします。

一棟マンション売却?買取?
仲介の違いは??

一棟マンションを売却する際、買取業者と仲介業者に依頼するのとではどちらを選ぶと満足できるのでしょうか?それぞれのメリット・デメリットにも注目してみてください。

一棟マンションを売る
タイミングとは?

「あと少し待ってから」と売却を先延ばしにしていると、ベストなタイミングを逃してしまうことになるかも…?マンション売却のタイミングについてまとめているので要チェックです。

マンション売却の契約方法は?

マンションの売買が決まって契約移行する際に注意しなければならないことや、買主から売主へ支払われる手付金についてまとめました。スムーズに契約するために、目を通しておいてください。

マンションの一括査定の
仕組みを大暴露

マンションがどのくらいの価格で売れるのか知りたくて、ネットで数社に一括査定…ちょっと待って!安易な依頼はあとで大変なことになるかも!一括査定のカラクリを知っておきましょう。

不動産相続の税金に関する知識をマルっと大公開!相続税の計算方法や相続費用、納税資金対策やトラブル事例まで、お金にまつわることを細かく紹介しています。不動産相続で節税したいと言う方も要チェックです!

不動産相続にかかる相続税の計算方法

不動産を相続したら、忘れてはならないのが相続税の話。相続税は、故人が亡くなってから10ヶ月以内に申告と納税を済ませる必要があります。

もし、手続きを忘れてしまうと、罰則として多額の税金がかかってしまうので注意が必要です。ただ、普段自営業や会社経営をしている人でもない限り、申告や税額の計算方法なんてわかりませんよね。

例えば相続税を計算するとき、不動産の価格は市場価格とは違う独自の価値計算で求めることになります。そこで、こちらのページでは相続税の申告に必要な基本の知識をまとめました。

相続税の基礎控除や税額の計算方法から、故人の配偶者なのか?子どもなのか?によって変わる税額控除まで、不動産相続にかかる相続税の計算方法を理解しましょう。

不動産相続の節税対策

日本では、相続財産の約6割が土地や建物などの不動産だとされています。現金や生命保険、株券等の金券と違って、土地や建物は分割や現金化するのが難しいため、「財産のほとんどが土地と建物だから、現金がほとんどなくて相続税の納付資金がない!」なんてことにもなりかねません。

節税対策をしていない場合、残される家族に莫大な相続税の負担がかかってしまいます。税金を納めることができなければ、限られた期間で相続した不動産の売却も必要です。残される家族のことを考えれば、賃貸物件を所有している人ほど節税対策を充実させておきましょう。

こちらのページでは、残される家族のためにやっておきたい不動産相続の節税対策をご紹介しています。手持ちの現金を減らして賃貸マンションやアパートを建築したり、投資用のワンルームマンションを購入したり、節税の特例が使える不動産を手に入れておいたりといったお役立ち情報をまとめました。

不動産相続の納税資金対策

不動産相続における一番の問題点は、「相続税の納付が現金での一括払い」であることです。どれだけ高額な不動産を相続しても、不動産で物納することはできません。

相続財産の内、現金化するのが難しい不動産の割合が多い場合は、せっかく相続した一棟マンション等の収益不動産を手放すことになってしまいます。

また、相続税の納付期限は遺産を相続してから10ヶ月以内。相続は動く財産の額が大きいため、税務署のチェックは厳しいです。

申告せずにやり過ごすことはできませんし、無申告や申告漏れをしてしまうと税務署から厳しく処罰されてしまいます。

相続税の申告と納税が必須である以上、不動産を相続する人はどうにかして納税資金を準備する必要があるのです。

こちらのページでは、相続税の納税資金を用意するための方法を解説しています。不動産の売却をはじめ、資産の現金化にどうしても納税できない場合の延納制度も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

不動産相続にかかる時間と費用

不動産の名義情報は、法務局の登記で管理されています。所有者が亡くなっても、登記が自動で更新されることはありません。

相続した不動産を自分のものにするためには、「相続登記」を行って名義人を変更する必要があるのです。

ただし、相続した不動産の名義変更には「登録免許税」というお金がかかります。こちらのページでは、不動産の相続登記にかかる費用について解説しました。

また、もし相続登記をしなかった場合のデメリットもまとめています。相続登記をしなくても処罰などはありませんが、登記をしないでいるメリットも特にないので、不動産を相続したら名義の変更手続きを忘れずに行いましょう。

ちなみに、登録免許税をはじめ、不動産を相続すると相続税以外にも様々な費用がかかります。不動産を相続した場合にかかる税金も押さえておきましょう。

不動産相続トラブル事例

不動産相続は、多くの人が思っているよりもトラブルが多いです。最大の理由は、遺産の大半が不動産であり、不動産は現金のように平等な分割をするのが難しいこと。

現金や株券など、簡単に分割できる資産だけなら法定相続分や故人の遺言に従って分割すれば大きな問題にはなりません。しかし、不動産は物理的に分割することができないため、「金額的に見ると不動産を相続した人だけが圧倒的に得をしてしまう」という状況になりがちです。

普段は問題なく付き合うことができていても、故人の死をきっかけに金銭面や感情面の不満が吹き出し、相続人同士で揉めてしまうというケースもあります。

不動産相続トラブルは、金銭的にも感情的にも一度起こってしまうと解決するのが困難です。財産を残す本人も相続者も、事前に不動産相続によるトラブル事例とその対処法を知って、大きな相続トラブルを避けましょう。

不動産相続に関する基礎知識をまとめています。相続不動産を売却するまでの流れや売却時に必要な書類など詳しく解説しているので、相続不動産をお持ちの方は見逃さないでください!

相続不動産売却の流れ

相続では、故人が亡くなってから10ヶ月以内に財産を相続人で分割し、相続税の申告・納税を終わらせる必要があります。

相続税の納付期限というタイムリミットがある以上、相続の流れを知っておくに越したことはありません。特に、相続した不動産の売却には数ヶ月単位で時間がかかります。

相続の開始から分割までスムーズに進めることができれば、しっかりとした販売戦略を練って相続不動産を高額売却を狙うことも可能です。

相続後の手続きに手間取ると、なんとか不動産を売るために値引きすることになってしまったり、相続トラブルが起きてしまったりする可能性もあります。こちらでは、相続不動産売却の流れに加えて、そもそもどこまでが相続人にあたるのか、どういった財産が相続財産になるのかをまとめました。

遺産分割対策

遺産の分割は、非常にデリケートです。トラブル予防の観点から考えると、相続人全員が納得できる平等な遺産分割を行うのが理想的。

例えば、兄弟の内一方が親と同居して介護をしていた場合、財産を均等にわけると介護をしていた側は不満を覚えるでしょう。日本では相続財産の大半が不動産であるケースが多いです。

相続財産として資産価値1,500万円の実家と3,000万円の一棟マンションがあった場合、兄弟で家とマンションをわけると相続する金額に大きな差が出てしまいます。

不平等な財産の分割はトラブルのもと。こちらでは、相続トラブルを予防するために知っておきたい、4つの遺産分割方法とそれぞれのメリット・デメリットをご紹介しています。ぜひ一度確認してみてください。

不動産相続にかかる書類・手続き

不動産は、相続財産の中でも資産価値が高いです。相続人が一人しかいないならともかく、相続人が複数いる場合、故人の遺言がなければ相続人同士で話し合って財産を分割することになります。

ただ、口約束ではトラブルになってしまう可能性があるので、話し合いの結果はきちんと書面に残しておくことが大切です。このように、不動産相続では相続時に様々な書類を用意する必要があります。

また、相続した不動産を売却する際にもいくつかの書類が必要です。どの書類も取得にある程度手間がかかるため、事前にどういった書類が必要になるのか知っておきましょう。

とはいえ、相続不動産の売却は、故人の葬儀や供養、財産の調査に相続人同士での話し合いを平行して進めていくことになるので自分でやろうとすると手が足りないこともしばしば。こちらでは仲介業者に不動産売却を依頼するメリットとデメリットも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

【相続マメ】不動産相続の各種特例と遺言・遺留分・相続欠落など

「相続税をお得に節税できる特定居住用宅地って何?」「賃貸マンションは相続税が安くなるって本当?」「土地の評価額が80%も割引してもらえる小規模宅地等の特例について知りたい!」など、気になる相続税の減税特例をまとめました。相続のルールは複雑です。

例えば、ひと口に「遺言」といっても正式な遺言として認められるものは作り方が決まっています。遺言書の基本ルールを守っていない場合、せっかく遺言をつくっても適用してもらえません。

ほかにも、遺言書の内容が不平等だった場合に使える遺留分や、相続人の資格をはく奪する相続欠格など、不動産相続において知っておくと役立つマメ知識をいくつかまとめました。この機会に、不動産相続の細かいお役立ち情報を知りましょう。