一棟マンション売却に関する知識

一棟マンションを売りたいときに知っておくべきポイント

「マンションの評価ってどうつけるの?」「売却や買取、仲介の違いって何?」「マンションを売るベストなタイミングは?」そんな疑問や悩みを解決するために、一棟マンション売却のポイントを集めてみました。マンションを賢く上手に売却するための方法を詳しく知りたい人は、ぜひご一読ください。マンションの売却に役立つ情報が満載です!

マンション売却の流れ

まずはマンション売却の8つのステップを確認し、流れを押さえておきましょう。

1.売却の時期、金額の目安を考える

不動産売却を行うにあたり、対象の物件がどれくらいの価格で売れそうか目安を立てることは、とても大切です。周辺の相場を調べて、ある程度売却目標額といつまでに売却したいのか目安をつけます。国土交通省の土地総合情報システム(http://www.land.mlit.go.jp/webland/)などを使って、売却したい物件に近い取引価格を見ると、だいたいの相場が掴めます。

そして時間がかかっても希望の価格で売却したいのか、金額が多少折り合わなくても早く売りたいのかは、最初に決めいたほうがいいでしょう。すぐに現金化したい場合は、仲介ではなく不動産会社に直接買い取ってもらうこともできます。(買い取りの場合、販売価格は相場よりも低めになります。)

2.不動産会社に査定をお願いする

複数の不動産会社に査定を頼むと、自分が売却したい物件の相場をより正確に掴むことができるし、査定金額にも差がでてくるので、複数の不動産会社に査定してもらうことが重要です。査定は直接不動産会社に相談に行ってもいいのですが、複数の会社を巡るのは大変。不動産一括査定サイトなどを使うと、複数の不動産会社からの査定が簡単に取り寄せられるのでおすすめです。

3.売却方法と不動産会社を決める

不動産会社に買い取りをしてもらうのか仲介してもらうのか、1つの不動産会社に仲介を頼むのか複数の不動産会社にお願いするのか、といった点を決定します。希望価格に近い査定を出してくれた不動産会社であり、かつ1棟売りの実績がしっかりしている不動産会社を選ぶといいでしょう。1棟売りの場合は、どの不動産会社でも対応できるとは限りません。できれば1棟売りやビル売却などが得意な不動産に相談したほうがスムーズに話しは進みます。

4.不動産会社との媒介契約(買い取りの場合は不要)

どの不動産会社にお願いするのか決まったら、不動産会社と媒介契約を行います。

不動産会社との契約は、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類。自分にあった契約を選びましょう。

専属専任媒介契約を結ぶ場合は、他の不動産会社と契約することはできません。そして売買契約は必ずその不動産を介して締結することになります。

専任媒介契約の場合も、基本的には契約した不動産会社が売買契約を仲介しますが、自分で売り主を探すことも可能です。他の不動産会社との媒介契約はできません。

一般媒介契約の場合は、最終的にどの不動産会社を通して売買契約を行ってもかまいません。

オススメは専任媒介契約です。専属専任媒介契約と専任媒介契約は国土交通大臣が指定した指定流通機構に登録する義務があり、購入者を積極的に探してもらえます。それでいて専任媒介契約では自分で購入者を探す自由もあるのです。

5.販売活動(買い取りの場合は不要)

不動産会社が物件の広告をインターネット、新聞、折込広告などで購入希望社を探してくれます。

不動産会社専属専任媒介契約を結んだ場合は、販売活動は全て不動産会社にお任せとなります。

それ以外の契約であれば、自分で購入者を探してもかまいません。

6.売買交渉

購入希望者が見つかったら、物件売買の交渉を行います。不動産会社に買い取ってもらう場合は、不動産会社との交渉になります。手続きや契約は不動産会社が進めてくれるので、売り主は不動産会社の指示に従って物件に関する情報を開示したり必要書類を用意したりする程度です。

7.売買契約の締結

お互いに条件が折り合ったら、いよいよ契約です。ここでようやく手付金が入ります。

8.不動産の引き渡し

残金を受け取って、登記の申請を行います。この時点で売却は終了です。

マンションの評価をつける方法とは?

あなたのマンションの価値はいくらでしょうか?マンションの売却に必要な、「適正価格」の付け方について調べてみました。収益還元価格や積算価格など、マンションの評価に必要な情報をピックアップしています。「利回りが低いのに高額で売却可能」な理由とは?気になるマンションの評価をチェックして賢いマンション売却の方法を知りましょう。

マンションの評価をつける方法を見てみる>>

3つのコツをチェック!マンションを高く売る方法とは?

「中古のマンションだし、高く売れないかも…」そうお悩みの人のために、マンションを売る3つのコツを集めてみました。「不動産会社と売買契約を結ぶ際は専属契約がいい?一般契約がいい?」「入居前に売る?それとも退去後?」「メンテナンスやセキュリティはどうすればいいの?」そんなお悩みにお答えします。

マンションを高く売るコツを見てみる>>

マンションの売却は買取業者と仲介業者どっちが得?

一棟マンションの売却をするとき、買取業者と仲介業者のどちらを選びますか?買取業者なら、買い手が不動産会社のため買主を探す手間は不要。仲介業者なら、希望の価格で売却できる可能性が高いといえます。ここでは、それぞれのメリット・デメリットを紹介しています。納得のできる売却を目指しましょう。

買取業者と仲介業者の違いを見てみる>>

マンションを売却するタイミングはいつ?

一棟マンションを所有している方なら、いつマンションを売却したらいいのか1度は考えたことがあるはずです。「あとちょっと待ってから売却しよう」とどんどん先延ばしにしているケースが多いのも事実。しかし、売却のタイミングを逃してしまうことで多大なリスクを負うこともあります。ここでは売却の最適なタイミングをまとめているので要チェックです。

マンションの売却するタイミングを見てみる>>

マンションを売却する際の契約に関して

マンションの売買が決まったら、正式に契約へと移行します。その際に注意しなければならないことや、買主から売主へ支払われる手付金についてまとめました。トラブルなく契約するために、1度目を通しておくと良いでしょう。

マンションの売却の際の契約について見てみる>>

マンションの一括査定の仕組み

マンションを売却する際にどのくらいの価格で売れるのか知りたいですよね。その際に一括査定を依頼しようと考えている方もいますが、安易な依頼は注意が必要です。ここでは一括査定ビジネスの仕組みや注意点などをまとめています。実際に依頼して失敗したという方の体験談も紹介しているので、これから物件を売却する予定の人は要チェックです。

マンションの一括査定の仕組みを見る>>

相続に強い一棟マンション
仲介業者3選
初めての相続手続き
価格交渉も任せられる
SGSインベストメント

全国各地のマンション売却を専門にするSGSインベストメント。年間500戸以上の仲介実績で、マンション売却において信頼の厚い会社です。また売却主側の立場に立った丁寧なサポートが魅力で、口コミでも高評価を獲得。スピーディかつ予想以上の高額売却ができると人気の不動産会社です。

とにかく早く
最短2日で現金化
サンライズ

スピーディな買取を行うサンライズ。最短2日で現金化できるスピード買取と大型物件でも現金買取できることが特徴です。また、不動産の売買のみならず、不動産総合サービスとしてリノベーション事業など幅広く事業を展開し、物件への新たな付加価値をつけたり、運用の効率化を行っています。

じっくり価格交渉
大手の安心感なら
東急リバブル

投資家の求める要望に合わせたサービスプランで、マンション投資から売却後の対応までをフルサポート。東急リバブルは、初めて一棟マンション売却を行う方でも安心して任せられる信頼の厚い仲介業者です。

相続に強い一棟マンション
仲介業者3選
初めての相続手続き
価格交渉も任せられる
SGSインベストメント

全国各地のマンション売却を専門にするSGSインベストメント。年間500戸以上の仲介実績で、マンション売却において信頼の厚い会社です。また売却主側の立場に立った丁寧なサポートが魅力で、口コミでも高評価を獲得。スピーディかつ予想以上の高額売却ができると人気の不動産会社です。

とにかく早く
最短2日で現金化
サンライズ

スピーディな買取を行うサンライズ。最短2日で現金化できるスピード買取と大型物件でも現金買取できることが特徴です。また、不動産の売買のみならず、不動産総合サービスとしてリノベーション事業など幅広く事業を展開し、物件への新たな付加価値をつけたり、運用の効率化を行っています。

じっくり価格交渉
大手の安心感なら
東急リバブル

投資家の求める要望に合わせたサービスプランで、マンション投資から売却後の対応までをフルサポート。東急リバブルは、初めて一棟マンション売却を行う方でも安心して任せられる信頼の厚い仲介業者です。