不動産相続に関する基礎知識

こちらでは不動産の相続や売却に関する基礎知識を紹介していきます。

相続したマンションによるトラブルを紹介

都市のマンション

マンションの相続には思わぬトラブルが付きまといます。

自分では大丈夫と思っていても、勉強不足から取り返しのつかないことになる可能性も…。実際にあったマンション相続のトラブルをチェックしてみましょう。

共有名義で起こる売買のトラブル

相続したマンションを共同名義にした場合、売買の際にトラブルが生じる可能性があります。

共同名義のマンションの売却には名義人全員の同意が必要です。

名義人の中の一人がマンションを売りたいと思っている、しかし他に売りたくないと考えている名義人がいる場合は、マンションを売却できません。

さらに名義人の中の一人が死亡すると、その名義を相続する人が増え、権利がどこまで及んでいるのか把握しにくくなってしまいます。売りたいときに売ることができず、結局現金に換えて受け取れないケースもあります。

相続後すぐに売却することによるトラブル

遺産を相続する人が、死亡する直前にマンションを購入しそのマンションの権利を相続、相続された人がすぐにマンションを売却する、といった節税方法が問題になりました。

この方法を取ると、納税者にとっては大きな節税効果がありますが、明らかに節税目的のマンションの購入だとみなされますので、否認されてしまいます。

マンションを購入した日付と死亡した日付が近すぎる、マンションを使っていた形跡がないことがないように、余裕をもった対策を心がけなければなりません。

資産運用のために購入したマンションであることを税務署に認めてもらうことや、被相続人が認知症でないことなど、様々な条件が付きまといます。不安な方は事前に勉強するか、税理士に相談することをおすすめします。

入居者がいるため売却できない

相続されたマンションに他の相続人が住んでいる、前妻が住んでいるため売却できないというトラブルもあります。

相続されたマンションに住み続けるか、売却した金額を分割してそれぞれ家を見つける解決策を相談して決めなければなりません。

マンションから出て行ってもらうには、それなりの現金を用意しなければならず、かえって損になる可能性もあります。

お互いに納得のいく結果が出るまで、慎重に話し合いで解決する必要があります。

価格にすると現金を相続するより損

現金とマンションなどの不動産相続がある場合、それぞれを相続することでトラブルにつながる可能性があります。

例えば、兄にはマンション、弟には現金といった相続内容だとします。

兄はマンションを売却することで現金を得られますが、実際にマンションを売却すると結果的に弟が受け取った現金よりも価格が低く損する場合もあります。

これを解決するには代償分割といって、損をした人(この場合は兄)に、得をした人(この場合は弟)が過不足分の金額を支払う必要があります。公平な話し合いが必要ですが、不動産相続のトラブルの中ではよく行われています。

すぐに分割して相続することができない

相続する現金がなく不動産のみの場合、すぐに分割できず相続人の間でトラブルになるケースは多いです。

とくに大きな土地ではなくマンションの場合は、これに該当するケースも多いです。

マンションを売却し、そのお金を分割することになりますが、この際の相続税に関してや誰が売却の処理をするのか、その配分なども事前に話し合っておかなければ更なるトラブルの原因になるでしょう。

マンション相続のトラブルに巻き込まれないためには

マンションの相続で起こりがちなトラブルをご紹介しました。

頻繁に起こる不動産相続トラブルですが、事前に基礎知識を勉強しておくことで回避できるでしょう。

売却までの流れ、分割方法などをチェックしておきましょう。

不動産の相続から売却までの流れをリサーチ!

不動産の相続から売却後の納税までの流れをまとめました。また相続人の範囲やそれぞれの法定相続分、相続の対象となるものについても分かりやすく解説しています。「法定相続分ってなに?」「遺産分割協議とは?」「不動産の売却って何から始めたらいいの?」という方にぜひ参考にしてもらいたいページです。

不動産相続から売却までの流れを詳しく見る>>

トラブルを回避する!不動産の遺産分割法を調査

相続不動産の遺産分割方法には「現物分割」・「代償分割」・「換価分割」・「共有」の4つがあります。こちらではそれぞれの特徴とメリット・デメリットについてまとめました。不動産は現金や有価証券などと違って均等に遺産分割しづらいもの。それぞれの分割法の内容をきちんと把握し、できるだけ不公平にならないようにする分割する必要があります。また、後々のトラブルを起こさないための対策法も合わせて紹介しているので、チェックしていきましょう。

不動産の遺産分割法について詳しく見る>>

不動産の相続時・売却時に必要な書類一覧

不動産の相続時や売却時に必要な書類は多数あります。「何の書類が必要なの?」「どこで発行してもらえるの?」「どうして必要なの?」といった疑問にお答えするために、必要な書類と取得場所、書類の用途などを一覧にまとめました。これから不動産を相続する方や相続不動産の売却を検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

不動産相続・売却に関する書類について詳しく見る>>

不動産相続の豆知識!相続税を大幅に軽減する特例とは?

不動産を相続した際にかかる相続税を大幅に軽減できる特例をご存じでしょうか?宅地面積の一部の評価額を80%もカットして、わずか20%の評価額で税金を計上できる特例があるのです。こちらではその特例の内容や適用される相続人など、詳しく解説しています。また、実はいろいろなルールが決められている遺言書や最低限の財産の相続を保証する遺留分、特定の相続人の権利をはく奪する相続欠格など相続に関する豆知識も紹介しているので、ぜひ1度目を通してみてください。

相続税を軽減する特例や豆知識について詳しく見る>>

親から相続で引き継いだマンション経営の要注意点

相続人が遺産として相続したマンションの、新たな経営者となるケースは少なくありませんが、未経験の素人にとって、収益物件である不動産の経営は容易ではありません。築年数が経過した老朽化が進む物件には、数多くのリスクが潜んでおり、家主としてそれらに対処する義務と、それに伴う負担は小さくありません。不労所得である家賃収入のメリットだけに意識を向けてしまってはならず、踏まえておくべき注意点の正しい理解が求められます。

親から相続で引き継いだマンション経営の要注意点について詳しく見る>>

共同名義で相続マンションを経営する方法とリスク

共同名義で相続マンションを経営するケースが時折見られますが、共有名義の不動産にはリスクが潜んでいるため注意を払わなければなりません。経営者内の意見の対立や認識のズレは、空室増加や住人からの苦情などマンション経営における悪影響を及ぼしかねません。名義人全員の意思統一を図り、迅速な対応を常に心がければ共同運営は円滑になります。

共同名義で相続マンションを経営する方法とリスクについて詳しく見る>>

相続に強い一棟マンション
仲介業者3選
初めての相続手続き
価格交渉も任せられる
SGSインベストメント

全国各地のマンション売却を専門にするSGSインベストメント。年間500戸以上の仲介実績で、マンション売却において信頼の厚い会社です。また売却主側の立場に立った丁寧なサポートが魅力で、口コミでも高評価を獲得。スピーディかつ予想以上の高額売却ができると人気の不動産会社です。

とにかく早く
最短2日で現金化
サンライズ

スピーディな買取を行うサンライズ。最短2日で現金化できるスピード買取と大型物件でも現金買取できることが特徴です。また、不動産の売買のみならず、不動産総合サービスとしてリノベーション事業など幅広く事業を展開し、物件への新たな付加価値をつけたり、運用の効率化を行っています。

じっくり価格交渉
大手の安心感なら
東急リバブル

投資家の求める要望に合わせたサービスプランで、マンション投資から売却後の対応までをフルサポート。東急リバブルは、初めて一棟マンション売却を行う方でも安心して任せられる信頼の厚い仲介業者です。

相続に強い一棟マンション
仲介業者3選
初めての相続手続き
価格交渉も任せられる
SGSインベストメント

全国各地のマンション売却を専門にするSGSインベストメント。年間500戸以上の仲介実績で、マンション売却において信頼の厚い会社です。また売却主側の立場に立った丁寧なサポートが魅力で、口コミでも高評価を獲得。スピーディかつ予想以上の高額売却ができると人気の不動産会社です。

とにかく早く
最短2日で現金化
サンライズ

スピーディな買取を行うサンライズ。最短2日で現金化できるスピード買取と大型物件でも現金買取できることが特徴です。また、不動産の売買のみならず、不動産総合サービスとしてリノベーション事業など幅広く事業を展開し、物件への新たな付加価値をつけたり、運用の効率化を行っています。

じっくり価格交渉
大手の安心感なら
東急リバブル

投資家の求める要望に合わせたサービスプランで、マンション投資から売却後の対応までをフルサポート。東急リバブルは、初めて一棟マンション売却を行う方でも安心して任せられる信頼の厚い仲介業者です。