不動産売買で必要となる仲介手数料とは

不動産売買にはさまざまな費用が必要となりますが、中でも分かりにくい費用の1つが仲介手数料です。基本的に支払わなくてはいけない費用なのですが、実は特定の条件下では支払わなくても良い費用でもあるのです。今回は、分かりにくくなっている仲介手数料に焦点を当てて、詳しく解説していきます。仲介手数料の仕組みや、そもそもどういった費用なのかをしっかりと把握しておくことで、これから住宅を購入する際の予算計画にも活かすことができますよ。

仲介手数料とは

不動産売買の際に必要となる仲介手数料とは、不動産の仲介業者に対して支払うお金を指しています。少し分かりづらいのですが、住宅を販売する場合、住宅を建設するハウスメーカーと販売を担当する業者が別れていることがあります。販売業者は買主とハウスメーカーを結びつける仲介役を担っているため、そのための手数料として仲介手数料を支払うことになるのです。

これは、個人が所有している不動産を売却する場合も同じです。もちろん、住宅を売却する場合、買主が見つからなくては利益に結びつかず、これは個人でもハウスメーカーでも同じです。

そのため、仲介業者はその物件を売約するため、売主の代わりに売却物件の広告を作成したり、販売価格の再設定なども行ってくれたりします。仲介手数料は、こうした広告費用や売却するための活動に対しての費用でもあるのです。

仲介手数料が発生しない場合

仲介手数料は不動産を購入する場合、必ず発生する費用だと思われがちですが、実はそうではありません。仲介手数料は、名前の通り仲介することに対する費用ですので、仲介業者が不動産売買に関わっていなければ、費用を支払う必要なないのです。

例えば、ハウスメーカーや住宅の持ち主が、直接所有している物件の売却に関して広告などを行い、買主が現れた場合などは仲介手数料が発生しません。また、仲介手数料はあくまでも契約によって発生する費用ですので、あえて買主からは仲介手数料を取らない業者も増えています。

場合によっては、同じ店舗で扱っている物件でも仲介手数料が発生するものとしないものが混在している場合があります。そのため、気になる物件があったら、一度仲介手数料が必要なのかどうかを訪ねてみましょう。

仲介手数料の仕組み

仲介手数料がややこしくなってしまう原因の一つが、仲介業者は必ずしも一つではないことです。物件を確実に売却したい場合、一つの仲介業者だけに依頼するよりも、複数の業者に依頼したほうがより多くの目にとまるため、売却には有利に働きます。

しかし、仲介手数料は原則成功報酬になります。つまり、複数の仲介会社が関与していても、実際に仲介手数料を受け取れるのは一社だけなのです。さらに、仲介手数料は依頼した売主と購入する買主の両方から受け取ります。そのため、あえて買主からの仲介手数料を0にすることで自社で売買契約を行ってもらい、売主からの仲介手数料を自社の利益として考えている業者がいるため、手数料の有無や金額などが複雑化してしまうのです。

では、どのように仲介手数料を計算しているかというと、基本的には一律の割合で決められている訳ではありません。不動産の売却価格によって以下の割合の範囲内で仲介手数料が決定されます。

不動産の売買価格 手数料の上限
200万円以下 5%
200万円超 400万円以下 4%+2万円
400万円超 3%+6万円

この上限を超えなければ、原則どんな金額でも仲介手数料を設定できますので、0円でも問題ありません。また、これは法律で定められていますので、手数料の上限はどこの仲介業者でも同様ですので、どこまで下げられるかで、業者間での手数料の差が生まれることも分かりにくい要因かもしれません。

相続に強い一棟マンション
仲介業者3選
初めての相続手続き
価格交渉も任せられる
SGSインベストメント

全国各地のマンション売却を専門にするSGSインベストメント。年間500戸以上の仲介実績で、マンション売却において信頼の厚い会社です。また売却主側の立場に立った丁寧なサポートが魅力で、口コミでも高評価を獲得。スピーディかつ予想以上の高額売却ができると人気の不動産会社です。

とにかく早く
最短2日で現金化
サンライズ

スピーディな買取を行うサンライズ。最短2日で現金化できるスピード買取と大型物件でも現金買取できることが特徴です。また、不動産の売買のみならず、不動産総合サービスとしてリノベーション事業など幅広く事業を展開し、物件への新たな付加価値をつけたり、運用の効率化を行っています。

じっくり価格交渉
大手の安心感なら
東急リバブル

投資家の求める要望に合わせたサービスプランで、マンション投資から売却後の対応までをフルサポート。東急リバブルは、初めて一棟マンション売却を行う方でも安心して任せられる信頼の厚い仲介業者です。

相続に強い一棟マンション
仲介業者3選
初めての相続手続き
価格交渉も任せられる
SGSインベストメント

全国各地のマンション売却を専門にするSGSインベストメント。年間500戸以上の仲介実績で、マンション売却において信頼の厚い会社です。また売却主側の立場に立った丁寧なサポートが魅力で、口コミでも高評価を獲得。スピーディかつ予想以上の高額売却ができると人気の不動産会社です。

とにかく早く
最短2日で現金化
サンライズ

スピーディな買取を行うサンライズ。最短2日で現金化できるスピード買取と大型物件でも現金買取できることが特徴です。また、不動産の売買のみならず、不動産総合サービスとしてリノベーション事業など幅広く事業を展開し、物件への新たな付加価値をつけたり、運用の効率化を行っています。

じっくり価格交渉
大手の安心感なら
東急リバブル

投資家の求める要望に合わせたサービスプランで、マンション投資から売却後の対応までをフルサポート。東急リバブルは、初めて一棟マンション売却を行う方でも安心して任せられる信頼の厚い仲介業者です。