遺産分割対策

故人の財産に不動産が含まれる場合、現金と違って均等な遺産分割は容易ではありません。相続人同士のもめ事に繋がってしまうケースもあります。

こちらでは相続不動産を遺産分割する4つの方法とそれぞれのメリット・デメリット、またトラブルを回避・対処するための方法について紹介します。

相続不動産の分割方法とは

相続した不動産を遺産分割する方法には、以下の4つがあります。

現物分割

相続人が単独で不動産を相続することを現物分割といいます。複数の相続不動産があり、相続人全員に同数の不動産が相続される場合や遺産分割協議で全員の合意が得られた場合に用いられる分割法です。

現物分割のメリット

相続の手続きに手間がかからず、単独で所有するため運用や売却が自由にできる。

現物分割のデメリット

単独で取得した相続人の取り分が大きくなってしまったり、複数の不動産を分配したとしても不動産自体に価値の差があったりと、公平な遺産分配はできません。相続人同士のもめ事に繋がってしまうケースもあります。

代償分割

代償分割とは1人の相続人が単独で不動産を相続し、他の相続人に対して代償金を支払う方法のことをいいます。たとえば相続人である2人の兄弟のうち1人が2,000万円の不動産を相続する場合、もう1人に対して代償金(法定相続分に従う場合は2分の1である1,000万円)を支払うのが代償分割です。

代償分割のメリット

不動産を取得したい方が相続することができ、現物分割と違って、遺産の取り分に大きな差が出ないこと。

代償分割のデメリット

1つの不動産を複数の相続人が相続したいと主張した場合は全員が納得するまで話し合わなくてはいけません。また、不動産の相続人には代償金の支払い能力が必要になります。代償金が支払えない場合は代償分割はできません。

換価分割

換価分割とは、相続不動産を売却して得たお金を分配する方法のことをいいます。相続不動産を誰も利用しない際に用いられることが多い分割法です。

換価分割のメリット

売却金を分配するため、均等な遺産分割ができます。不動産の運用管理や処分手続き、毎年かかる固定資産税の支払いも必要ありません。

換価分割のデメリット

思い入れのある不動産を手放さないといけないこと。また、不動産の売却に相続人全員が合意する必要があります。

共有

1つの不動産を複数の相続人で共有することも可能です。2人の兄弟が不動産を共有で相続する場合は決めた割合(法定相続分に従う場合は2分の1ずつ)で相続登記を行います。

共有のメリット

他の分割方法に比べて手続きが簡単に済む、という点。

共有のデメリット

不動産の運用管理や売却、処分などを検討する際、共有する相続人全員の承諾が必要です。全員の合意が得られず、上手に不動産を活用できないまま放置してしまうケースも…。管理が複雑になるためおすすめはできません。

相続不動産のトラブル対策とは

相続不動産の遺産分割でトラブルを起こさないために、以下の点に気をつけるようにしましょう。

  • 不公平な遺産分割を行わない。
  • 遺産分割協議書を用意する。
  • 分割内容の不動産登記を行う。

相続人の取り分に大きな差が出てしまうと、トラブルに発展する可能性が高くなります。代償分割や換価分割などを選択し、公平な遺産分割をするようにしましょう。また相続人全員の合意を得たら遺産分割協議書を作成することも重要です。合意を得た内容をしっかりまとめ、後々もめ事が起きてしまった場合に対処できるように備えましょう。

トラブルを避けるためには相続にも詳しい仲介業者に依頼

自社の手数料だけを気にして上記の内容について放置するような仲介業者は信頼できません。

当サイトでお勧めする仲介業者も参考にしてみてください。

相続に強い一棟マンション
仲介業者3選
初めての相続手続き
価格交渉も任せられる
SGSインベストメント

全国各地のマンション売却を専門にするSGSインベストメント。年間500戸以上の仲介実績で、マンション売却において信頼の厚い会社です。また売却主側の立場に立った丁寧なサポートが魅力で、口コミでも高評価を獲得。スピーディかつ予想以上の高額売却ができると人気の不動産会社です。

とにかく早く
最短2日で現金化
サンライズ

スピーディな買取を行うサンライズ。最短2日で現金化できるスピード買取と大型物件でも現金買取できることが特徴です。また、不動産の売買のみならず、不動産総合サービスとしてリノベーション事業など幅広く事業を展開し、物件への新たな付加価値をつけたり、運用の効率化を行っています。

じっくり価格交渉
大手の安心感なら
東急リバブル

投資家の求める要望に合わせたサービスプランで、マンション投資から売却後の対応までをフルサポート。東急リバブルは、初めて一棟マンション売却を行う方でも安心して任せられる信頼の厚い仲介業者です。

相続に強い一棟マンション
仲介業者3選
初めての相続手続き
価格交渉も任せられる
SGSインベストメント

全国各地のマンション売却を専門にするSGSインベストメント。年間500戸以上の仲介実績で、マンション売却において信頼の厚い会社です。また売却主側の立場に立った丁寧なサポートが魅力で、口コミでも高評価を獲得。スピーディかつ予想以上の高額売却ができると人気の不動産会社です。

とにかく早く
最短2日で現金化
サンライズ

スピーディな買取を行うサンライズ。最短2日で現金化できるスピード買取と大型物件でも現金買取できることが特徴です。また、不動産の売買のみならず、不動産総合サービスとしてリノベーション事業など幅広く事業を展開し、物件への新たな付加価値をつけたり、運用の効率化を行っています。

じっくり価格交渉
大手の安心感なら
東急リバブル

投資家の求める要望に合わせたサービスプランで、マンション投資から売却後の対応までをフルサポート。東急リバブルは、初めて一棟マンション売却を行う方でも安心して任せられる信頼の厚い仲介業者です。