一棟マンション売却のための仲介業者の選び方

長い人生の中でも、一棟マンションを売却する機会なんてあまりないものですよね。何から手をつけたら良いのかわからずベストな売却タイミングを逃してしまう前に、良い仲介業者を見つけて納得のいく売却をしましょう。

ここでは、一棟マンションを売却するときに役立つ情報とおすすめの仲介業者を紹介しています。大手や中小企業、買取業者のメリット・デメリットについてもまとめているので、参考にしてみてください。

一棟マンション売却時の仲介業者の選び方は?

一棟マンションの売却を考えるとき、安易に仲介業者を選択してはいけません。対応の悪い業者と契約を結んでしまうと、不満が残る可能性が高くなるばかりか、ときに計画が狂って値下げせざるを得なくなることも。業者選びの際に押さえておきたいポイントをまとめているので、チェックしましょう!

専門性が高く信頼できる業者

案件の大きさに関わらず、丁寧な対応をしてくれる業者を選びましょう。専門性が高いことはもちろん、買主の情報を多く持っていれば、早めに売却できる可能性も。売主のニーズにどこまで応えてくれるのか見極めることが大切です。

自分が売りたい不動産の売却を得意としている仲介会社か?

不動産仲介会社によって、売却を得意としている分野は異なります。マンションや戸建て、土地など取り扱っている物件の多さを見て、ひとつの目安にすると良いでしょう。

複数の業者と比べる

数多く存在する不動産業者を1つに絞るのは難しいですが、該当するエリアに強い不動産を中心にいくつかの業者から話を聞いてみることをおすすめします。査定内容はもちろん、メリットだけでなくデメリットも教えてくれるような不動産会社を選ぶと良いですよ。

ポイント別!おすすめの仲介業者3社をピックアップ!

SGSインベストメント

相続手続きや売却をすべてお任せできる

SGSインベストメントの良さは、一つひとつの案件を大切にしているところ。見積もり依頼があれば依頼者の元へすぐに出向き、即対応してくれます。自社買取をしていないぶん物件を買い取ってくれる業者を多数知っており、物件の早期売却に期待できるのも魅力的。相続手続きから売却まで任せられるうえに、依頼があればマンション管理も行なうなど、幅広くニーズに応えてくれる注目の業者です。

  • 所在地:東京都新宿区北新宿1-2-12 貴松ビル3F
  • 営業時間:10:00~19:00

SGSインベストメントの
公式サイトを見る

サンライズ

スピーディ!一刻も早く物件を処分したいときにおすすめ

不動産を早めに売却して現金化を望むなら、サンライズがおすすめです。直接買主として不動産の買い取りを行なっているので、仲介手数料が不要。仲介の場合に必要な販売活動や販売申し込みなども行いません。直接買い取るため、最短2日~30日間で現金化できるそう。スムーズに現金化できるのは嬉しいですね。一棟マンションを含め、大型物件でも現金買い取りが可能です。

  • 所在地:東京都渋谷区渋谷2-12-11 渋谷KKビル3階
  • 営業時間:9:30~20:00

サンライズの
公式サイトを見る

東急リバブル

時間はかかるが高値で売れる

全国に173ヵ所の店舗を展開し、年間売買仲介取扱件数は2万件を超えています。大手なだけ知名度があり、営業担当の宅建保有率が97%と高いのも魅力。「安く売って失敗するのでは…?」と心配している方も安心です。東急リバブルの売却方法は、物件検索ウェブサイトへの登録や指定流通機構の不動産会社がネットワーク上で情報を共有するシステム「レインズ」への登録、自社HPでの自動物件検索サービスなど主にネットワークを活かした販売促進活動がメインです。

  • 所在地:東京都渋谷区道玄坂1-9-5
  • 営業時間:10:00~18:00

東急リバブルの
公式サイトを見る

大手・中小・買取それぞれのメリット・デメリット

仲介業者を選ぶ際は、メリット・デメリットをよく考えたうえで選びましょう。

中小業者のメリット・デメリットとは

中小業者のメリット

中小業者のウリは専門性の高さです。特定の地域における購入希望者について豊富な情報を多く持っているだけでなく、周辺の市場をきちんと理解しているので安心して任せられる強みがあります。

  • 地域に密着した独自の情報を持っている
    中小企業は、全国に支店や支社がなく、その地域にしか店舗がないところも多く、あまり情報を持っていないように思えるかもしれません。
    しかし、その地域で生まれ育った人が起こした会社だったり、古くからその地域に根差した活動をしていたりすると、不動産以外の業者と太いパイプがつながっていて、大手の企業では手に入れることのできない情報を持っていることもあります。
    たとえば、細い道が多い住宅街でも車の抜け道に使われていて騒音がひどかったり渋滞が起こったりするとか、大きな桜の木があって隠れたお花見スポットになるとか、マンションから花火が見えるとか、プラスにもマイナスにもなる情報があれば、物件を売るときの大きな武器となるでしょう。
  • 親身になって相談に乗ってくれる
    大手の企業では、受付や営業などの担当が細分化しており、それぞれの役目に沿って対応してくれるので、わかりやすくはありますが情報が供用されていなかったり、伝達ミスが起こったりすることがあります。
    また、それぞれのスタッフが複数の案件を抱えているので、顧客ひとりひとりにあまり時間や労力を割かずに、機械的に対応されることもあり、クレームとなる場合もあります。
    中小企業の場合、社内のスタッフの数が少なく、顧客の数も大手に比べて多くないので、一人のスタッフが最初から最後まで対応してくれて、親切丁寧に相談に乗ってもらいやすくなります。
    顧客が少ないこともあり、相談に来た人を大切に扱ってくれますし、地域に根差した企業なら街の活性化のために協力を惜しまないでしょう。
    こちらでご紹介している「SGSインベストメント」も、親切丁寧な対応に定評があり、わかりやすく説明してくれた、アフターフォローも充実していたと好評です。
  • 専門分野に特化している
    大手企業では、不動産のことならなんでも対応可能という幅広い業務を行っているところも多いですが、中小企業では代わりに専門分野に特化しているので、売りたい物件に強いところなら確実に売却してくれます。
    こちらで紹介している「ランドネット」は、ワンルームマンションや投資用物件に特化しているという強みがあるため、ほかの業者で売れなかった物件でもすぐに売却できる可能性があります。
    一棟マンションを売却するなら、特に専門性の高い業者を選ぶといいでしょう。

中小業者のデメリット

広告によるアプローチが大手に比べて劣る、全国対応ではないことなど。買い手情報についても大手より少なめです。

  • 宣伝や広告が大手企業に比べて控えめ
    不動産を売却するためには、不動産サイトやポータルサイトなどに広告を載せて買手を募るのが一般的です。大手の企業は情報量が多いので優遇されており、広告料が低めになっていますが、中小企業は広告料が高めに設定されているので、あまり情報を載せられないというデメリットがあります。
    多くの人の目に留まるためには、今やネットでの広告は不可欠ですので、そういった点で不利な状況にあります。
    しかし、中には「ランドネット」のように、広告費不要で売却してくれる業者もありますので、中小企業の独自のネットワークによる宣伝も期待できるかもしれません。
  • 不得意な分野があるので依頼は慎重に
    中小企業のメリットでもご紹介したように、大手の企業がオールマイティーなのに対して、中小企業は専門分野に特化したところが多いので、不得意な分野の物件は売りにくいという問題があります。
    街中にある不動産屋に行っても、賃貸物件が多いところもあれば、土地の売買に特化しているところもあるため、一棟マンションは扱ったことがないという可能性もあります。
    そのため、どこの不動産会社でもいいというわけではなく、最初に一棟マンションの売買実績があるかどうかを確認する必要があります。
    専門分野に特化していれば、その物件を購入したい人も見つかりやすいのですが、不得意な分野の物件を依頼すると買手が見つかりにくいという、諸刃の剣であるということを覚えておいてください。

代表的な会社

大手業者のメリット・デメリットとは

大手業者のメリット

知名度が高く、購入希望者の情報が多く集まります。広告にかける宣伝費用を大きくかけられるのも強み。

  • 知名度が高いので安心感がある
    有名なら確実に優秀であるというわけではありませんが、どんな商品でも「あのメーカーのものなら信頼できる」という安心感が大手の企業には存在します。
    やはり、全国に支社があり誰もが知っている企業というのは、実績が豊富で歴史があり、ネームバリューに見あう価値があると多くの人が認めたものであるからです。
    そのため、売手にとっても任せておけるという信頼性があるうえ、「この業者が仲介しているなら大丈夫だろう」という安心感によって購入希望者が現れやすくなるというメリットがあり、スムーズに売買できるようになります。
    こちらでご紹介している「東急リバブル」では、スタッフの質も高く、サポート力が高いのでスピーディーに売却できたという口コミが多数寄せられています。
  • 多くの広告が出せて最新の情報を入手できる
    大手企業では、顧客の数が多いだけではなく、不動産のポータルサイトでたくさん広告が出せるというメリットもあり、ますます買手が探しやすくなる流れができています。
    全国に支社があるところも多く、不動産にまつわる情報が手に入りやすいので、どういったトレンドが人気か、どういった物件がどんな世代に人気があるのかなどを把握しやすく、売却するための戦略を練りやすくなります。
    業界トップの仲介件数がある「住友不動産販売」では、店舗数の多さや都心に店舗が多いことを活かして、豊富な情報と顧客の多さからスピーディーな売却が可能と評判です。

大手業者のデメリット

大手の不動産で懸念されるのが、「囲い込み」。売主と買主の両方から仲介手数料を得る目的で、他社からの客付けを故意に拒否します。囲い込みに気づいたら、業者との契約解除も視野に入れなければなりません。

  • スタッフの対応が機械的でマニュアル通り
    大手の企業は社員教育や資格取得にも力を入れているため、専門知識が豊富でてきぱきとしたスタッフが多いのも特徴です。
    スムーズに手続きをしてくれるのはいいのですが、少しドライなところもあり、売れそうにない物件は冷たく断られる、相談内容を反映してくれない、値下げを要求されるなど、売手にとってつらい対応をされる可能性もあります。
    また、大手企業のネームバリューに頼りすぎていると、スタッフ自身が売るための努力を怠っていたり、親身になってもらえないなどの不満につながることもあるので、一概にいいことばかりとは言えないのが実情です。
  • ノルマ達成のために両手仲介が行われる
    大手企業では、営業スタッフのノルマが厳しいところもあり、売り上げを伸ばすために両手仲介が行われることも少なくありません。
    両手仲介とは、売主と買主の両方から仲介手数料を取ることを言います。売手と買手、それぞれが別々の不動産会社を通して取引を行う片手仲介もありますが、売主のみから仲介手数料を取るより2倍の利益を上げることができるので、大手の企業は両手仲介にこだわるところが多いのです。
    そのため、買手をほかの不動産業者に取られないように対策を行うのですが、そうすると買手の希望をなるべく聞き入れるようになるため、売手に対して値下げ交渉を行うことも多くなります。
    売手としては、同じ仲介手数料を支払うのなら、売手のみに注力してくれる片手仲介の方が望ましいですね。
  • 利益を守るために囲い込みをされることもある
    囲い込みは、依頼した物件の情報をほかの不動産会社に公開しない行為のことで、大手の企業はこの手段を用いて物件を独占しようとすることがあります。
    そうすると、ほかの業者による情報が得られなかったり、買手が見つかりにくくなったりするので、なかなか売却できずに希望価格を下げることになる危険性があります。
    大手の企業に依頼する場合は、こういった自社の利益重視の行動に注意しなければなりません。

代表的な会社

買取業者のメリット・デメリットとは

買取業者のメリット

買主を探す手間が省け、即現金化が望めます。価格交渉は必要ですが、契約が成立すればお金を受け取って物件を引き渡すだけで完了です。

買取業者のデメリット

デメリットに、買取価格が安くなる可能性が高いことがあげられます。地域や物件にもよりますが、ケースによっては相場に比べて1~3割ほど安くなることもあるようです。

代表的な会社

現在の状況と照らし合わせた業者選びを

それぞれの業者にメリットやデメリットを理解したうえで、自分に合う不動産業者を選びましょう。物件情報については「レインズ」というネットワークでつながっているため、大手と中小で買い手の情報が異なるということはありません。大手だと決裁者が多く、判断までに時間がかかったり、どうしても大きい案件のほうが優先されてしまったりすることも。案件の大小に関係なく親身に対応してくれ、なおかつ小回りが利くことを考えると、小さめの会社を選ぶほうが結果的なメリットは大きそうです。

相続に強い一棟マンション
仲介業者3選
初めての相続手続き
価格交渉も任せられる
SGSインベストメント

全国各地のマンション売却を専門にするSGSインベストメント。年間500戸以上の仲介実績で、マンション売却において信頼の厚い会社です。また売却主側の立場に立った丁寧なサポートが魅力で、口コミでも高評価を獲得。スピーディかつ予想以上の高額売却ができると人気の不動産会社です。

とにかく早く
最短2日で現金化
サンライズ

スピーディな買取を行うサンライズ。最短2日で現金化できるスピード買取と大型物件でも現金買取できることが特徴です。また、不動産の売買のみならず、不動産総合サービスとしてリノベーション事業など幅広く事業を展開し、物件への新たな付加価値をつけたり、運用の効率化を行っています。

じっくり価格交渉
大手の安心感なら
東急リバブル

投資家の求める要望に合わせたサービスプランで、マンション投資から売却後の対応までをフルサポート。東急リバブルは、初めて一棟マンション売却を行う方でも安心して任せられる信頼の厚い仲介業者です。

相続に強い一棟マンション
仲介業者3選
初めての相続手続き
価格交渉も任せられる
SGSインベストメント

全国各地のマンション売却を専門にするSGSインベストメント。年間500戸以上の仲介実績で、マンション売却において信頼の厚い会社です。また売却主側の立場に立った丁寧なサポートが魅力で、口コミでも高評価を獲得。スピーディかつ予想以上の高額売却ができると人気の不動産会社です。

とにかく早く
最短2日で現金化
サンライズ

スピーディな買取を行うサンライズ。最短2日で現金化できるスピード買取と大型物件でも現金買取できることが特徴です。また、不動産の売買のみならず、不動産総合サービスとしてリノベーション事業など幅広く事業を展開し、物件への新たな付加価値をつけたり、運用の効率化を行っています。

じっくり価格交渉
大手の安心感なら
東急リバブル

投資家の求める要望に合わせたサービスプランで、マンション投資から売却後の対応までをフルサポート。東急リバブルは、初めて一棟マンション売却を行う方でも安心して任せられる信頼の厚い仲介業者です。